RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

店主コラム

ピアノサークル「カフェ・スモールピアノ」の店主"いなやん"のたわごと
<< 立体写真にはまる | main | またまた負傷(OH MY GOODの巻) >>
ネーミング(2)
0
    週に1回は何か書こうと思っていましたが、これが結構むずかしい。本職の作家とか1日に何十枚も原稿を書くそうだけどとてもとても。カフェのメンバにはHPを持っている人もいて、毎日カキコがある。このこまめさにはほとほと感心するのでありました。
     ということで(何がということでかわかりませんが)(1)で長らく書かなかったネーミングについて理屈の続きを書いてみたいと思います。 ネーミングにも固有のものに名前をつけるのと分類するため名前をつけるカテゴリ化というのがありますねぇ。今回はこのカテゴリ化というもので理屈をこてねみたいと思います。 
     私が学生のころ社会学とか心理学とか専攻していたんですが。(授業はサボりまくってましたが)これらの学問というのはとにかく分類するのが使命って感じがしました。分類してその分類に名前をつけて安心する。ほんとにそんなもの学問だろうか?とよく学生ながらに思ったものです。心理学ならクレッチマーの性格の分類だとかマズローの欲求5段階説とかとにかく分析して分類して名前をつける。 それでそれがどうしたの?と言われれば特にない。いや心理学や社会学を真剣にやられている人がこれをよんでいたらおこられるのでこのへんでやめておきます。
    なんせほとんど専攻はしたが勉強はしない学生でしたからね。 どちらかというと興味は超心理学とかにむかいました。いやそんなことはどうでもいいです。
    とにかく分類、カテゴリ化です。
    人はカテゴリ化して名前をつけると安心する。これだけはいえると思います。音楽でもそうです。大きくはクラッシックだとか、ロックだとかジャズだとか。どれかにあてはまらないとまず音楽と思われないでしょう。そういう音楽には前衛音楽というカテゴリがあたえられてしまうのでした。
    で俺はロックが好きだとかクラッシックが駄目だとか自分を定義するのにも使ったりします。クラッシックでもバロックが好きだとかロマン派が好きだとか色々でてきます。これがこだわりとかいって個性と結びついたりします。
    音楽とかはその影響はすくないですね。
    政治とか宗教とかもありますね。おれは自民党だとか公明党だとか、共産党だとか。でもなんで自民党なのかととわれるとちゃんと答えられる人は少ない。宗教でもおなじ3大宗教をはじめとしてその中でも色々宗派がある。宗教とかなるとあまりにそのカテゴリにこだわりがあり、場合によっては戦争とかしてしまう。 では何故その宗派でないといけないかと聞かれて答えられる人は少ないような気がします。たまたま環境がそうだったからとか、家族がそうだったとか。恋人がそうだからとか。勧誘をうけたからとか。全財産をなげうったからとか。何年間検討した結果、この宗教がすばらしいからと言う人は少ないでしょう。
    民族も同じような気がします。日本ではみな日本人だからあまり民族とか考えることは少ないような気がしますが。歴史とか現在でもニュースとかみると人類は民族が違うということで戦争をよくやります。 民族が違うといっても肌の色は変わらなかったり、言葉ですら同じだったり。民族のため、宗教のため未だに戦争したりしますね。
    結論。人類はカテゴリ化して安心する。その安心を守るため戦争する。 なんだかとんでもない結論になってしまった。
            店主
    | - | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://inayan.cafe-smallpiano.com/trackback/461437