RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

店主コラム

ピアノサークル「カフェ・スモールピアノ」の店主"いなやん"のたわごと
<< 中央線 | main | ピアノが弾けるとはどういうことだろうか?! >>
エントロピー増大の法則1
0
     エントロピーって言葉聞いたことありますか。 物理学の熱力学から出できたことばで物理の世界で無秩序、乱雑さは常に増大する方向にあるとかなんとか。なんか難しいですがね。 最近の日本の社会のエントロピーは拡大しつつあるのではないかと思うわけです。 
     いままで社会をささえていた終身雇用、年金、社会保険などの制度は崩壊が見えているし、少子化、結婚難、ニートの増加などニュースでいわれなくともひしひしと身にしみて伝わってくるのであります。
    日本という国は戦後50年アメリカ社会に追随して行くような傾向がありますが、今のアメリカのようにはなってほしくないですね。 だいたい所得の8割を全人口の5%の人が所得している社会なんてばかげてると思いませんか。 人間はお金持ちになるほど金銭欲が膨らむみたいですが、いくら儲けてもある一定以上儲けても使い道に無駄度が増すというか、あまり必要な使い方はできないと思いますがどうでしょう。(単に貧乏人のひがみですが)
     色々な書物を読んでみるとどうも日本社会もどんどん所得格差が開いていくような傾向があるとか。 そしてどんどんアメリカのようになっていき95%が低所得者になるんです。5%、95%どちらにはいるでしょうか。確立からいうと95%低所得者ですね。 私はジャズを生み出した50,60頃のアメリカにはとてもいいイメージがありますが、今のアメリカにはあまりいいイメージをいだけません。
     昔、未来学者?ラビ・バトラの提唱する制度の中に政府が所得格差を10倍いないに抑えるというものがありました。 未来の95%組所属の私にはいい制度ですが。 そうすると高所得者がアメリカに逃げて困ったことになりますね。 なかなかいい方法はないものです。
     こういう方法もあります。これはドイツであわよくば制度化されようとしたことがあるみたいですが。 どういうものかというと、スタンプ紙幣です。 お金に有効期限みたいなものがあって一定期間保有するとお金に対する税金を払わなければならないという制度なんです。 するとどうでしょう。 無理にでもお金を使わないといけないので通貨が流通して社会が活性化するというものです。 えっ、金とか有価証券にかえるって人もいるから無駄ですって。 なるほど色々な貯蓄の方法があり、お金持ちほどその辺は詳しいので貧乏人は損をするかもしれませんね。
     
    色々な人がいろいろな制度を考えますがどうも所得のエントロピーは増大するようです。

     北朝鮮という国はほとんどの所得をごくわずかな人が握っているという「そんなことは常識ではありえない国」とほとんど人が思っているかもしれませんが、エントロピーの増大の法則が社会に当てはまるとする考えられなくもないですね。 今では理知的、論理的国民性としてあげられるドイツですらヒトラーのような人物を国の主にしたのですから。

     この国のエントロピーの増大にしたがって色々な問題がでてくるんでしょうね。 なんかいいことはあるでしょうか。 たとえばこういった社会不安の大きいときには音楽や美術、文学などでいいものが生まれてきそうな感じがします。 といっても北朝鮮のようになるとにっちもさっちもいきませんがね。

             新聞はとっていない店主
    | - | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://inayan.cafe-smallpiano.com/trackback/461416