RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

店主コラム

ピアノサークル「カフェ・スモールピアノ」の店主"いなやん"のたわごと
<< スター・ウォーズを10倍楽しむ方法 | main | アメリカの光と影 >>
今日の芸術劇場
0
    よくNHKの芸術劇場を流しながら、本を読んだりネットサーフィンをしたりしているのだが、オリ・ムストネンというピアニストの演奏がなかな派手で面白かったのでつい見入ってしまった。北欧のピアニストだからかシベリウスの小品とかスカルラッティとか演奏していたがなんといっても、ラフマニノフのピアノソナタ1番。 がんがん鍵盤をたたきまくって汗かきまくってなんだか格闘技をみているようだった。 とにかく30分も難所ばかりの曲で今回初めて聴いたが難曲だがなかなかいい曲だ。 この人手がでかいので指ではじくだけでアクセントのある音をだしていた。まるでホロヴィッツのよう。 30分もの大曲を弾き終わった頃にはさすがに疲れたようで「とてつもなく疲れたよぉ」って感じの顔であった。
     そのあとにゲオハルト・オビッツのブラームスの演奏があったが曲想とあいまってとても地味に思えた。舞台背景が例のNHKの青色のバックのステージ。ブラームスの曲にはまったく似合わない背景であった。。
    | - | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://inayan.cafe-smallpiano.com/trackback/461402