RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

店主コラム

ピアノサークル「カフェ・スモールピアノ」の店主"いなやん"のたわごと
<< 今日の芸術劇場 | main | アカスリを体験 >>
アメリカの光と影
0
     連日、日本の宇宙飛行士の野口聡一さんの活躍がテレビや新聞を賑わしている。 スペースシャトルを飛ばす大変さ、慎重さについては大変なものだろうと思う
    。またそれを飛ばすアメリカの技術も大変なものであると思う。野口聡一さんの船外活動など非常に鮮明な映像で見れて凄いことなのだが、なんせ映画などのインパクトの画像をみなれているためか「凄い!」と感動するところまではいかないのが悲しい。
     ところでこのようなニュースを聞くたびに、アメリカの宇宙船は月まで行ったのだろうかという疑問が頭に上ってくるのである。
     確かに宇宙空間で作業することは大変なことである。しかし月面でさまざまな作業をしていたしなんといっても月は遠いのである。それにもう30年以上の昔の話になってしまった。あれ以来人類は月に行っていないのである。 月面着陸の映像には色々疑念が持たれている。スペースシャトルはいつか月まで行くのだろうか。
     こうして多くの人が見守る中、宇宙飛行士たちの命は多くのスタッフによって守られている。もちろんそれは大切なことであり、いってみれば当たり前のことに思われる。 しかし逆にイランに出兵した若い兵士は爆弾テロに巻き込まれ多くが命を落としている。数人が犠牲になったときいても最近ではまったく驚くに値しないニュースになってしまった。 今日NHKだったと思うが、アメリカの核実験のドキュメントがあったが結構ショッキングな内容だった。 核実験のなかには人体実験も含まれていたのである。 1つはビキニ環礁周辺の原住民にわざと情報をながさずに水爆を落としたこと、なんとその中には第五福竜丸の船員達も含まれていた。 そしてのち現地に医師が現地に赴き調査にあたった。治療でなく。。。 実験対象となったのは他国民だけでなくアメリカ国民を対象としたものもあった。 映画なんかでアメリカ軍がかっこよく出演しているのをよく見るが、なんか見る気もしなくなった。 スペースシャトルが軍事利用されないことを祈りたい。
    | - | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://inayan.cafe-smallpiano.com/trackback/461399