RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

店主コラム

ピアノサークル「カフェ・スモールピアノ」の店主"いなやん"のたわごと
オーロラ・ツアー
0
    2月7日
     いよいよホワイトホースで初めての晩となった。オーロラ予報
    では普通でレベル3(MAX10)。11:30から準備を始め
    0:00ごろからロッジの観測テラスに張り付き状態となった。
    外はマイナス35度。しかし使い捨てカイロを背中に3つ、
    防寒ブーツに足裏カイロ、インナーを着込みレンタルの防寒服
    を着込むと汗をかくほど暑い。外の温度でちょうどいいほど
    であった。暑くて汗をかいてもしばらくすると冷たい水になる。
    これが結構不快だが、インナーはアウトラストという特殊な繊維
    の肌気をつけていたのでスグ乾いた。なかなかの優れものである。
     空は晴れ渡りいままで見たこともないほどの星空である。
    しかしオーロラらしきものが出る気配はまるでなし。観測テラス
    と外を行き来した。ここのロッジの特徴はこうしてオーロラの出現
    を部屋で待つことができるのである。しかし他に一人でやることも
    ないのでカップめんを食べたり紅茶やココアを飲んだりして暇をつ
    ぶしたが、時間が過ぎるだけで何もないのであった。
    ついには観測テラスで椅子をならべて横になった。そんなわけで1
    日目は満点の星空以外はなにもなかった。これほど寒くなければ
    望遠鏡で夢中になってあっというまに一晩を過ごせるはずだが。
    5時ごろには朝もやがでてきたので部屋にもどり風呂につかり9時
    ごろまで爆睡。10時ごろに遅い朝食をとった。宿は11頃までビッフェ
    タイプの朝食を用意してくれる。これも有難いひとつだ。
     朝食後は夕方近くまで寝て、あとはロッジの近所を散歩したり
    地下のビリヤードをしたり、ネットをしたりして時間をつぶす。
     2晩目の夕食もイギリス人のカップルと3人であった。この日は
    チキンをメインにした料理でソースはラズベリーなどをつかった甘い
    ソース。料理は悪くないが日本人の私にはこのタイプの甘さ+肉
    は困惑するばかりであった。今夜も英会話教室モードで、日本料理
    のはなしなどで盛り上がった。

    2月8日
     2晩目の夜。オーロラ予想は昨晩と同じ普通レベル3だが。昨日の
    予報はレベル1になっていた。ということはちょっとは期待がもて
    るのか?0:00頃に北の空をみるとやや明るい。宿のスタッフのジョ
    ニーはあれはオーロラだと教えてくれた。町明かりのような明るさ
    なので言われなければわからないだろう。とりあえずオーロラはみ
    れたわけだがこれだけで喜べるわけではない。自分がイメージして
    いたオーロラとはまるで違うのだから。
     1:00頃になるとその明るさはさらに明るくなり未知との遭遇
    のポスターのような雰囲気になり、さらに神秘的な感じになってきた。昨日より空気も乾燥しているのか星も驚くほど綺麗で流れ星を何個
    も見かけた。おそらくオーストラリアで見た最高の星空をしのぐ見
    え具合である。防寒はしっかりしているので20分ぐらいは見てい
    られるが、肌が露出している顔は痛い。一人で神秘的な気分になってきたので携帯プレーヤーでDesert MoonSongやWindOverWorldなどモンロー研のヒーリング系音楽を聴きながら幻想的な気持ちに浸ることにした。しかし結局明るいオーロラは出現しなかった。
     この日の日中は昨日と同じ様な過ごし方をした。ここの宿の楽しみに
    ここで飼っているペットと遊ぶことがある。ここのやどには犬3匹とネ
    コが1匹おり犬のほうは日によっていたりいなかったりする。ネコはか
    ならずダイニングにいるのであった。またそとにジャグジーがあり24時間使えるはずだが、夕方に入ろうとすると温度の調子が悪く残念ながら利用できなかった。夕方になると日本人の団体客がきて宿の客は15名となった。しかし今回の夕食もイギリス人と日本人と思った中国人に囲まれて結局は英会話教室モードになったのであった。

    2月9日
     とうとう最後の晩である。オーロラ予報はアクティブのレベル4を示していた。
    しかし外はとうとうマイナス40度を下回る極寒の世界となった。
    それといつもと違うのはきょうはここの観測テラスに日本人の4人組も
    一緒ということだ。かれらは関西からやってきた女性3名と男性1名で昨日到着のはずが飛行機のトラブルで到着は今日になったのだという。
     オーロラが見える北のそらは昨日のように白んでおり、オーロラ写真家でもあるツーリストも今日はコンディションがいいというから期待ができる。4人は23:00頃からやる気満々で観測テラスを陣取り目をこらしていた。
     1:00頃まで昨日と同じ様な感じだった。日本人グループの女性の人は「オーロラ乞い始めるわ」とかいいなかなか笑わせてくれる。なんとカバンまるごとおやつを詰めていておやつにはこまらない状態であった!さすが関西人である。そんな感じで2:00頃まで過ごしていたがこのころ北の空が急に明るくなり始めた。
     明るくなった空はさらに光度を増し、緑色の一筋の帯となった!待ちに待った明るいオーロラである。オーロラは”つ"の形をしており一同興奮してカメラ撮影を始めた。私も一眼レフで撮影した。すぐそのオーロラは暗くなり消えてしまった。しかしまだチャンスはありそうである。フイルムの残量をみるともう残り少なく、今交換しないとダメなようであった。手動でまきあげ、蓋をはずすとなんとフィルムが裸の状態で巻きついているではないか!!全身に冷や汗がでた。折角とれたオーロラがカメラが壊れたのだと判断し。走って自分の離れロッジまでデジカメを取りに行った。あとはデジカメで取るしかない。
     観測テラスにもどり大気していると先ほどより北の空が活発になりそうな気配である。遠くまでいくのは面倒なので観測テラスから一歩でたところで待機していると。先ほどより明るい光の帯があらわれどんどん左から右にのびかなり長い光の帯となった。なんと美しい光景か!!これぞオーロラであるしばらくするとそのオーロラは左の方からまるでナイヤガラの滝のように静かに消え始めた。
     その後も何度がオーロラは出現しとても満足な夜となった。一眼レフが不調に陥ったためオーロラ写真はすべてデジカメとなった。しかし関西のグループがたくさん写真をとったようなのでいいものがあればメールで送ってもらうことにした。
     
     4:00頃になると空も落ち着き。4:30にはチェックアウトして空港に向かう送迎車に乗らなければならない。飛行機は6:45に出発するのだ。無事時間通り送迎車に乗り込こんだがツーリストの次の一言にオーロラの興奮が一瞬に吹き飛んだ。
    「6時の便の飛行機がでないようです。」
    | その他旅行 | 23:22 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    オーロラツアー
    0
      2008年2月6日
       昼ごろに家をでて成田空港に向かう。京成を利用しておよそ3時間ほど
      17:00定刻どおりエアカナダAC4にてバンクーバーに向かう。機内では航空機99の謎を3時間ほどで読み終える。飛行機でもパラグライダーでも空を飛ぶのは大好きだ。機内食2回と軽食1回。エコノミーなのでブロイラーにでもなった気分だが。
       カナダのバンクーバーに着く。時差はー17時間なのでまだ6日の8:55である。荷物をバッケージクレイムからとりツアーのエージェントと会い乗り継ぎの手続きをすませる。バンクーバーの天気は曇り気温は東京と同じようなものか。
      引き続き10:30のホワイトホース行きAC8445に乗り込む。飛行機は席が4列の小型のジェット機である。機内サービスも飲み物だけであった。
      2時間ほど飛行機は雲の上を飛び続けたが、ホワイトホース近くになると天気は晴れ上がり凍りついた山地が見える。日本ではお目にかかれない風景なのでデジカメに記録する。
       13:00頃にホワイトホースに到着。飛行機から降り立つと外気が厳しい。走って空港ビルにはいる。空港ビルの出口で他の客(女性4名)とともにツーリストのエージェントの混載者に乗る。女性4名はどうやらカナダでワークホリデーをしているらしい。途中スーバーによりカップめんやお菓子など買い込んだ。そして
      防寒具のレンタルを積み今回お世話になる。インオンザレイクに向かう。
       エージェントは日本人なので色々話を聞く。今の外気温はー30度近くであると聞く。自分ではー10度ぐらいだと思っていたので全く驚いた。ここ2週間ほど寒気団の影響で例年になく冷え込んでいるらしい。夜には−40度までにはなるだろうということだ。あまりフレンドリな感じのする人ではないが、なんと同じ関大卒だった。
      こんなとこで同卒とあうとは。。。 
       宿に着き、一通り説明してもらう。そこにはカナダ人2名。そしてワーキングホリデーでそして離れのキャビンに案内してもらう。そこでうけとったのが、ミニライトとオーロラ鑑賞証明書。まだ見ていないのに!離れのキャビンにはすでに暖房が付いており移動の疲れを癒す。しばらくしてレンタル防寒着を車内に置き忘れたのに気がつく。
      あわてて本館に戻り電話を借りようとしたが、宿の人が使っていて、電話をしたのは10分後ぐらいだった。
       夜の19:00から夕食。ゲストは自分とイギリス人のカップル、デイビットとジャネットの3人だけ。椅子が3つ固めて並べてあったので会話しないといけないはめに。
      しばらくどのようにしてきたのだとか、イギリスや日本のことについて貧しい英語力を駆使して会話を続けた。それから宿の居間にオーロラの写真集があったのだが、その写真集の著者はなんと送迎してくれたエージェントだった。そのことを日本人女性のアルバイト
      やイギリス人カップルに話すと驚いた様子だった。料理がくると英会話教室も一服。しかしここのシェフの料理の解説が英語で始まるのであった。幸い日本人女性のアルバイトが翻訳してくれた。100%ではないが。料理はチキンの料理がメインだった。噂どおり結構おいしい。食事時にオーロラの見ごろは夜半過ぎだと日本人女性のアルバイトと聞き。宿のインターネットでオーロラ予報をみて、夜半の観測に備えることにした。

                                                                 続く。。。
      | その他旅行 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |